シルバーサービス

成年後見について

★成年後見制度ってどんな制度??
成年後見制度とは認知症、知的障害、精神障害などの理由で自分で何かを決めたり判断したりする能力が不十分な方々を保護し、支援する制度です。

★成年後見制度はどんな種類があるの??
成年後見制度は、大きく分けて2つあります。1つは、法定後見制度と、もう1つは任意後見制度です。
  
法定後見制度
法定後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じた制度を利用できます。

家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等(青年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考慮し、本人を代理して法律行為をしたり、本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることによって、本人を保護・支援します。

任意後見制度
任意後見制度は、本人が十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった場合に備えて、あらかじめ自らが選んだ代理人に、自分の生活、療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を公証人の作成する公正証書で結んでおくというものです。

★成年後見制度を利用する方法は??
成年後見制度を利用するには、まず家庭裁判所へ申立てを行います。

申立ての後、鑑定手続や成年後見人等の候補者の適格性の調査、本人の陳述聴取などが行われます。

このような手続きを経て家事審判官が後見開始などの可否を判断し、開始の審判であれば同時に後見人等の選任が行われます。
多くの場合、申立てから法定後見の開始までの期間は、4ヶ月以内となっています。
シルバーサポートサービス一覧へ戻る