シルバーサービス

遺言について


★遺言はなぜしたほうがいいのか??
遺言をしていないと、相続人間の遺産分割協議や法定相続分で相続され、被相続人の意思は反映されません。
遺言をしておけば、自分の意思に沿った相続が行われます。

また、遺言で遺産分割、子の認知、マイナス財産の処理方法などを明確に指示しておくことによって、死後の紛争や問題を未然に防ぐことができます。

★遺言には何を書くの??
遺言は、満15歳に達した人なら原則として誰でもすることができます。

また、遺言には何を書こうと自由です。ただし、遺言の書き方には一定の要件が定められていて、その要件が満たされなければ、無効になってしまいますので、注意が必要です。

遺言で、法律上の効力を持つその内容は、次の10種類です。
認知
財産の処分
未成年後見人および後見監督人の指定
相続人の廃除または排除の取り消し
相続分の指定または指定の委託
遺産分割の指定または指定の委託
遺産分割の禁止
相続人相互の担保責任の指定
遺言執行者の指定または指定の委託
遺贈減殺方法の指定
★遺言をする方法は??
遺言は、満15歳に達した人なら原則として誰でもすることができます。

また、遺言には何を書こうと自由です。ただし、遺言の書き方には一定の要件が定められていて、その要件が満たされなければ、無効になってしまいますので、注意が必要です。

遺言の方法は、大きく分けて2つ、普通方式の遺言と特別方式の遺言があります。
普通方式の遺言をされに細かく分けると3つのの方法があります。


 自筆証書遺言
 公正証書遺言
 秘密証書遺言
 特別方式の遺言
それぞれに、特徴がありますので、自分に合った遺言を作成しましょう。
シルバーサポートサービス一覧へ戻る