離婚・結婚書類作成サービス

結婚契約書作成について

 

結婚契約書とは


一般に「結婚契約書」とは、結婚生活において生じうる様々な問題についての夫婦の間でのルールを書面にしたものです。
たとえば育児や家事の分担方法、両親との同居や世話・介護、夫婦の共有財産の管理についてなどです。

「契約書」なんて、相手を縛るようで嫌だと思う方も多いでしょう。
しかし、結婚契約書は相手を縛ったり、その内容を押し付けたりするものではありません。

相手に禁止を求めるものではなく、普段思っていても口に出せないことや疑問に思っていることを、お互い話し合い、「契約書」という形で残すのです。

そうすることで、将来への不安を取り除き、お互いの強い信頼関係が生まれるでしょう。

当事務所では、以下のような方々に、結婚契約書の作成をおすすめしています。


 これから結婚される方
 親と同居することになった方
 再婚される方
 同性カップルの方

夫婦間の契約は取り消せる?

民法754条の規定により、夫婦間で交わした契約は、婚姻中いつでも、夫婦の一方から取り消すことができます。
ただし、この規定は正常な夫婦関係を想定しているので、実質的に夫婦関係が破綻している場合には適用されません。

つまり、結婚契約書の内容は、夫婦仲が円満なうちはそれを自由に取り消すことができますが、夫婦仲が破綻してからは取り消せないと考えられます。

結婚契約書作成のケース

親との同居、家事の分担、収入の使い道、老後の生活など、将来に向けてのさまざまなルールをあらかじめ決めておくことが幸せな結婚生活を後押ししてくれるはず! 事実上夫婦の関係にあっても、婚姻届を提出しない限り法律上ではお互い未婚の状態です。将来の不安を書面に残すことで解決しておきましょう。
再婚などで高齢者同士の結婚だった場合、遺産などの不安がつきものです。お互いの財産や相続、介護についてなどきっちりと話し合えばきっと安心です。 同性同士の結婚は認められていないため、結婚のような法的な保証がありません。そこで、2人で生活するうえでのルール作りをしてみませんか?

結婚契約書作成費用

結婚契約書作成  (15項目まで)12,600円
 (30項目まで)21,000円
 (50項目まで)31,500円
結婚契約書 更新  5,250円 ※大幅な変更がある場合別途お見積もり

結婚契約書のサンプル

結婚契約書の記載例を掲載いたします。
あくまでも一般的なものですので、あらかじめご理解のうえ、ご利用ください。


結婚契約書

夫●●●●(以下夫という)、妻▲▲▲▲(以下妻という)は、下記条項の通りすべて理解して愛情に包まれた夫婦生活を行うことに合意し、本契約書を締結する。

第1条(お互いの尊重)
夫及び妻は、結婚生活を営むにあたって、お互いを愛し、敬い、支えあい、お互いがそれぞれの個人としての人権を尊重する。

第2条(夫婦のあり方)
夫及び妻は、お互いに隠し事をしない。さらに相手に対してのいたわりやねぎらいの気持ちと言葉を忘れない。

第3条(お互いの立場)
夫は妻に、妻は夫に対し、常に協力を惜しまない。家庭内の役割分担については協議のうえ決定する。

第4条(夫婦に目標)
夫と妻は、●●年までに▲▲をすることを目標とします。

第5条(財産等)
夫と妻は家計を共有財産、その他をそれぞれの固有財産としてとして管理する。共有財産についてはそれぞれ二分の一ずつの権利を有する。

第6条(お互いの仕事)
夫と妻はお互いに仕事に協力、尊重することを原則とし、事前に話し合いをすることで何事も決定します。ただし、仕事上やむをえない状況があることを妻も充分認識します。

第7条(家事の分担)
夫は●●を週に▲▲回以上行います。仕事の関係でできないときは事前に連絡をする。

第8条(両親の尊重)
夫と妻はお互いに自分の両親以上に相手の両親を大切する意識を持つようにする。

第9条(子供への愛情)
夫と妻は子供に愛情を持って摂氏、真剣に養育していくことを確認する。

第10条(損害賠償)
夫と妻はお互いに信頼を失う行為はしない。もしこれを破った場合、相手に金●●万円請求することができる。

第10条(離婚時の財産分与)
離婚した場合、財産分与額は協議によるものとする。

第11条(契約の変更)
本契約書作成後、項目や状況に変化などが生じた場合には、夫と妻で相談の上合意した項目のみ、追加・更新ができるものとする。

第12条(契約の見直し)
本契約書は2年ごとに見直す。本契約書の有効期限はは本契約締結日から2年間とする。


平成○○年○月○日
(甲)  住所
     氏名        (印)
(乙)  住所
     氏名        (印)



離婚・結婚書類作成サービス一覧へ戻る