交通事故

交通事故サポートサービス

交通事故にあった場合の行動

警察へ届け出る
加害者などからの報告は義務ですが、被害者から届け出ておくことも必要(特にケガをしている場合は「人身事故扱い」の届出が大切)です。
また、できるだけ早く自動車安全運転センターから交通事故証明書の交付を受けます。
相手を確認する
十分に相手の確認をすることが必要です。加害者の住所・氏名・連絡先、加害者が加入している自賠責保険・自動車保険の会社名・証明書番号、加害車両の登録ナンバーなどです。
目撃者を確保する、記録をする
通行人や近所の人など交通事故の目撃者がいたら、氏名・連絡先を聞きましょう。後日必要ならば、証人になってくれるよう頼んでおきましょう。
また、自分でも事故直後、記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や交通事故の経過、写真などの記憶を残しておくことも大切です。たとえば、携帯電話のカメラなどで撮影しておくのも良いでしょう。
医師の診断を受ける
たいしたことがないと思っても、医師の診断を受けましょう。

交通事故の「損害賠償」

交通事故によって損害を受けた場合、被害者は加害者に損害賠償(損害の埋め合わせ)を請求することができます。ただし、なんでも請求することができるわけではなく、 事故と相当因果関係にあるものに限られます。

交通事故によって生じる損害には、大きく分けて「経済的な損害」と「精神的な損害」があります。
経済的な損害
ケガの治療費、休業損害、被害者が死亡したまたは後遺障害を負った場合の逸失利益など
精神的な損害
慰謝料

交通事故による損害を補償してくれる保険は?

交通事故の損害を補償する保険に、自賠責保険と自動車保険(任意保険)の2種類の保険があります。
自賠責保険についてはこちらをご覧ください。

賠償問題の解決までの流れ

賠償問題を解決するには、通常「示談交渉」を行います。
示談交渉で解決できないときは、調停や訴訟による解決を目指します。
示談交渉とは
示談とは、当事者間で話し合って、賠償額などを決定することです。ただし、事故の加害者が自動車保険に加入している場合、当該保険会社が加害者に代わって 示談交渉を行うことがあります。
調停とは
示談ができず、でも訴訟にはしたくない場合に、裁判所が設置する調停機関が仲介し、当事者双方で譲り合いながら合意に基づいて解決を図るものです。
訴訟について
訴訟は、裁判による解決方法です。専門家の弁護士に依頼するのが一般的です。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る