交通事故

後遺障害認定について


後遺障害とは

事故によるケガの結果残ってしまい、これ以上治療を続けても良くなる見込みが無いと思われる、心身の支障や不具合を「後遺障害」と言います。交通事故による後遺障害は自動車損害賠償保障法で定められており、通常は、事故後6ヶ月経過後に賠償を請求します。
後遺障害が残った場合、損害賠償の項目として、後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料が発生することになります。
上記の損害賠償を請求するには、自賠責保険の後遺障害の等級認定を受ける必要があります。


後遺障害等級認定

後遺障害部分の基礎となる慰謝料や逸失利益などは、等級に応じて定められており、等級が適正に評価されるかされないかで、大きく損害賠償請求額が変わってきます。
後遺症の等級は損害賠償請求の基礎となりますので、適正な賠償を受けるためには、適正な等級認定を受ける必要があるのです。 後遺障害認定は後遺障害の程度によって1級〜14級まで等級分けされます。
等級認定を受ける手続きとしては、次に二通りがあります。
被害者が直接加害者の加入している自賠責保険会社に損害賠償額の請求をする被害者請求
任意保険会社が治療費一括払いの流れの中で行う事前認定
自賠責保険会社あるいは任意保険会社が、一件資料を損害保険料率算出機構に提出し、損害保険料率算出機構の判断に基づいて、後遺障害の等級認定をします。

後遺障害等級認定の流れ

症状が固定され、医師による後遺障害診断書・意見書等が作成されます。
後遺障害診断書・意見書等を保険会社に提出します。
損害保険料率算出機構で調査・評価が行われます。
調査に基づき、認定等級が決定します。(もしくは、該当なしと判断されます。)

後遺障害等級認定の異議申立て

後遺障害の認定申請をしたが非該当とされてしまった場合や、自分の症状と違う等級が認定されて、納得がいかない場合は、自賠責保険会社に異議申し立てを行います。
異議申し立ては、後遺障害等級の判断が不当であるとする理由を記載した異議申立書と、被害者の主張する根拠資料(追加の診断書や検査資料)を提出します。