交通事故

自賠責保険請求について

保険の種類について

自動車保険には、自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険(強制保険)
自動車の運行によって他人を死傷させた場合、加害者が負う損害賠償額が支払対象です。物の損害(被害者の自動車、建物など)は補償されません。なお、支払限度額が定められています。
自動車保険(任意保険)
自賠責保険の支払限度額を超えた損害、他人の自動車や建物などに与えた損害、運転者自身や同乗者のケガ、自分の自動車の損害などが支払 対象となります。

自賠責保険の請求について

自賠責保険への請求方法は、「加害者請求」と「被害者請求」があります。

加害者請求
加害者が被害者に損害賠償金を支払ったあと、保険金を損害保険会社に請求します。
被害者請求
被害者が加害者の加入している損害保険会社に直接請求します。

自賠責保険の補償内容について

自賠責保険では、「支払基準」が法律に基づいて定められています。

障害による損害
障害による損害は、支払い限度額が被害者1人につき120万円とされています。
支払内容は、治療費・看護費・通院交通費・文書費・休業損害・慰謝料等があります。
後遺障害による損害
後遺障害による損害は、支払い限度額が被害者1人につき第1級3,000万円~第14級75万円とされています。(後遺障害保険金は等級別に支払限度額が定められています。)
後遺障害等級認定についての詳細はこちらをご覧ください。
支払内容は、逸失利益・慰謝料等があります。
死亡による損害
死亡による損害は、支払い限度額が被害者1人にき3,000万円とされています。
支払内容は、葬儀費・逸失利益・慰謝料等があります。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る