交通事故

自動車事故に関する法律知識

どのような場合に誰が損害賠償責任を負うのか?~使用者の損害賠償責任~

今回も引き続き
「どのような場合に誰が損害賠償責任を負うのか?」
を考えていきたいと思います。

<未成年者の監督責任>

第712条(責任能力)
未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったときは、その行為について賠償の責任を負わない。

第713条(責任能力)
精神上の障害により自己の行為の責任を弁識する能力を欠く状態にある間に他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない。ただし、故意 又は 過失によって一時的にその状態を招いたときは、この限りでない。

第714条(責任無能力者の監督義務者等の責任)
前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者も、前項の責任を負う。

例えば
幼稚園や小学低学年の幼児が
運転席でハンドルを触っていたら
自動車が動き出して起こした自動車事故の場合
その児童は責任無能力者として
損害賠償責任を負いません。

その代わりに
その幼児を監督する法定の義務を負う親が
賠償責任を負うことになります。

この責任能力については
自分の行為が法的にどのような責任が生じるかを判断できる能力とされており
通常12~13歳程度になれば責任能力があるものと考えられています。

では
未成年者でも過失責任を負う18歳の少年が事故を起こした場合はどうなるでしょうか?

この場合は
民法714条の責任無能力者の監督義務者等の責任ではなく
親は未成年者の生活を監督する責任があるので
その義務を怠ったために自動車事故を起こしたとして
民法709条による親の監督上の過失として
責任を負わなければならない場合があります。

交通事故サポートサービス一覧へ戻る