交通事故

自動車事故に関する法律知識

どのような場合に誰が損害賠償責任を負うのか?~使用者の損害賠償責任~

本日は
「どのような場合に誰が損害賠償責任を負うのか?」
を考えていきたいと思います。

<使用者の損害賠償責任>

第715条

ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。
ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。
前二項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。

通常
運送会社の運転手など
他人に雇われている人(被用者)は
高額な損害賠償金を支払えるほど
充分な資力(財力)を持っていないと考えられます。

そのような場合は
資力(財力)のある使用者に対して
責任追及ができるということです。

ここで
事業のため他人を使用するもの(使用者)とは
雇用関係の有無、有償・無償、継続的・臨時的などの区別なく
事実上、他人を支配監督できる立場にあれば
使用者責任が生じます。

なので
請負関係で
下請けや孫請けの従業員が起こした事故の場合でも
充分な資力(財力)のある元請に
使用者責任が認められる場合があります。

また
事業の執行とは
客観的・外形的に見て事業の一環と見られる場合を指します。
なので
他から見て事業か使用か分からない場合でも
使用者責任が認められる場合もあります。

実質的な賠償を受けられる
可能性のもっとも大きな相手に
損害賠償請求を行うことが重要である!!
ということを念頭に
いったい誰に損害賠償請求をすればいいのか??
を考えるようにしてください。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る