交通事故

自動車事故に関する法律知識

被害者は誰に損害賠償請求すればいいのですか?

交通事故で実質的に賠償が受けられるかは
誰に損害賠償請求するかによって大きな差が生じます。

そこで、「誰に損害賠償請求すればよいか?」を考えていきたいとおもいます。

例えば、
運送会社の従業員である運転手を相手に
損害賠償訴訟を起こし勝訴したとしても
その被告である運転手にお金(賠償資力)がなく
しかも加害車両が任意の自動車保険に加入していなかった場合には
実質的に損害賠償を受け取ることができず
被害者は泣き寝入りをするしかないということになってしまいます。

そこで、
運転手を雇っている運送会社(使用者)や
加害車両の所有者に
充分な資産(賠償資力)がある場合は
運転手の使用者には民法715条の使用者責任
加害車両の所有者には自賠法3条の運行供用者責任を
追及することで
実質的な賠償を受け取ることが可能になります。

ようするに
実質的な賠償を受けられる
可能性のもっとも大きな相手に
損害賠償請求を行うことが大切だということになります。

なので、「誰に損害賠償責任を負わせるか?」ということが大きな問題となります。

では、次回から
「どのような場合に誰が損害賠償責任を負うのか?」を考えていきたいと思います。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る