交通事故

自動車事故に関する法律知識

もし交通事故の被害者になったら、どうすればよいでしょうか?

突然の交通事故!!で被害者になってしまった場合どうすればよいでしょうか??

とにかく動転していると思いますが、まずなによりも、落ち着いて行動するように心がけてください。
もし頭などを強く打った場合は、あまり動かさないようにしてください。

そして、注意事項があるので
ケガなどの状況に応じてできる範囲で行ってください。

<警察へ届け出る>

・ 特にケガをしている場合は、「人身事故扱い」の届出が必要です。
・ 仮渡金の請求手続などで必要となるため、できるだけ早く自動車安全運転センターから交通事故証明書の交付を受けましょう。

<十分に相手を確認する>

・ 加害者の住所・氏名・連絡先
・ 加害者が加入している自賠責保険・自動車保険の会社名・証明書番号など
・ 加害車両の登録ナンバー
・ 加害者の勤務先と雇主の住所・氏名・連絡先
※ 業務中に従業員が事故を起こした場合、運転手だけでなく雇主も損害賠償責任を負うことがあります。

<目撃者を確保する>

・ もし相手方とトラブルになった際など、第三者の証言が有効になるので、通行人や近所の人など交通事故の目撃者がいたら、その証言をメモしておきましょう。
・ 氏名・連絡先を聞いておき、必要な場合は証人になってもらうように依頼しておきましょう。

<自分で記録しておく>

・ できるだけ事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や交通事故の経過、写真などの記録を残しておくことが大切です。
・ 後日、相手方と交渉の際、勘違いや失念から言い分が食い違うことがあります。交渉終了時まで、記録はきちんと残しておきましょう。

<医師の診断を受ける>

・ その場ではたいしたことはないと思っても、あとで意外にケガが重かったという例もあります。念のため、速やかに医師の診断を受けておきましょう。
※ 事故後、日にちがたって受診した場合には、交通事故との因果関係が認められない場合もありますので、ご注意ください!!

交通事故の解決には時間がかかります。
そして相手方とトラブルになることも良くあります。
もし、
「私は被害者なのだから加害者が何でも面倒見てくれるのがあたりまえ」
という甘い幻想を持っているなら、
本日限りですぐに捨ててください!!

不幸にも交通事故の被害者になってしまった場合は、
「自分の身は自分で守るもの!!」
と胸に刻み込んでください。

そして、
もっとこうしておけばよかった………と後悔しないために
<警察へ届け出る>
<十分に相手を確認する>
<目撃者を確保する>
<自分で記録しておく>
<医師の診断を受ける>
ということをしっかり覚えておいてください。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る