交通事故

自動車事故に関する法律知識

応急手当⑦~腹部を強打した場合~

「腹部を強打した場合」の応急手当法をご紹介します。

腹部を強打した場合も
まず、受傷者の状態をしっかりと観察することが大切です!!

<症状>

・ 内臓飛び出し
・ 腹部膨張
・ 激痛
・ 顔面蒼白
・ 吐き気

<応急手当>

・ 仰向けに寝かせ、丸めた座布団などの上に両膝を置いて腹筋を弛緩させる。
・ 衣服をゆるめて腹部を広げ、傷口には清潔なガーゼ等で保護してください。
・ 吐き気がある場合は、顔を横向けにしてください。

<注意!!>
・ 目立った外傷が無くても、腹部内で胃・腸・肝臓・すい臓・ひ臓などが、損傷や破裂をしている可能性があります。
・ 腹部の強打した場所や症状の経過をよく観察して、詳しく医師に報告をしてください。

胸を強打した場合と同様に見た目だけでは
判断がつかない場合が多いので
やはり慎重に対応してください。

交通事故サポートサービス一覧へ戻る