交通事故

自動車事故に関する法律知識

応急手当①~応急手当とは?~

応急手当とはなにか?
について説明をしていきます。

「応急手当とは?」

突然おこった病気やけがに対して、
その場に居合わせた一般の人(バイスタンダー)が、
傷病者を救急隊員(救急救命士)や
医療機関に引き継ぐまでに行う手当を
「応急手当」といいます。

速やかに応急手当を行えば、
命が救えたり、病気やけがの悪化を防止し、
苦痛を軽減することが可能です。

応急手当のうち最も緊急を要するものは、

心臓や呼吸が停止した時や

あるいは大出血をおこした時です。

人は、

心臓停止から3分、

呼吸停止から10分、

大出血からは30分の経過で

約50%が死亡するといわれています。


このような場に居合わせたら、

まず119番へ通報することが最優先ですが、

一刻を争う事態なので、

救急車の全国平均到着時間約8分の間に、

大至急、応急手当を施すことが必要になります。


この緊急を要する応急手当をとくに

「救命手当」と呼び、

その方法として

心肺蘇生法」と「止血法」があります。


人工呼吸、心臓マッサージ、

AEDなどの応急手当は、

経験がなければ、

いきなりその場で実践することはできません。


患者を救うためには、

何よりもまず、

多くの人が応急手当の知識と技術をもつことが必要です。


応急手当の技術を得るには、

自分で実践して身につけるしかありません。


各消防本部・消防署では応急手当の講習会を実施しています。


講習は大きく分けて普通救命講習(講習時間 3時間)、

上級救命講習(講習時間 8時間)の2種類の講習があり、

普通救命講習では主に成人の心肺蘇生法、AED、止血法などを、

上級救命講習では成人に加えて乳児・小児の応急手当等も学べます。


応急手当は、一度覚えてしまえば、

だれでもできるようになります。


皆さんもぜひ

応急手当の講習会に参加して、

その知識と技術を身につけてみてはいかがでしょうか。

交通事故サポートサービス一覧へ戻る