交通事故

自動車事故に関する法律知識

救急車の呼び方(落ち着いて正しく利用しましょう)

まず、事故を起こしてしまった場合には、
事故当事者の3つの義務
があるとお話しましたね!!

その中で、第一に大切なのが
なんと言っても人命救助である
負傷者の救護活動です。

これは、119番通報や病院への搬送、
その場での応急措置などで、
応急手当法を覚えておくと大変役に立ちます。


突然の交通事故現場での傷病者との遭遇…。

このような緊急時は、119番への通報と同時に、
その場に居合わせる 人による応急手当がとても重要となります。

とくに呼吸や心臓の停止、
大出血などの重篤な容態では、
救急隊や医師が到着するまでの間に
いかに早く適切な処置をする かが、
その後の状態を左右します。

正しい応急手当法を学び、
冷静沈着かつ自信をもって対処できるように、
正しい救急車の呼び方と
応急手当法をご紹介していきたいと思います。


まずは正しい救急車の呼び方をご案内します。

ポイントは、
  • 通報は落ち着いて、通信員の言葉に答えるように。
  • 災害に応じた部隊を出動させるため、聞かれたことには出来るだけ詳しく答える。
  • 応急手当をすれば、助かることもありますので、通信員の指導に従う。

では、実際の流れを見てみましょう。

救急車の呼び方

1.「119番」にダイヤル

2.(火事ですか、救急ですかの問いに)
  「救急です!」と第一声

3.
次に「住所」「目印」を知らせる
 (近くにたっている大きな建物・看板など)

4.事故や傷病者の「様子」を説明
 (いつ・どこで・だれが・どうして・どうなったかを詳しく)

5.通報者の「氏名」「電話番号」を伝える

6.
サイレン音接近。人手があれば救急車を「誘導」
 (救助者が1人だけの場合は応急手当が優先)

7.救急隊「到着」
(おこなった応急手当、容態の変化、傷病者の持病などを報告)


※119番通報と同時に救急車は出動しています。あわてずに到着を待ちましょう。


明日から、何種類かの応急手当法をご紹介します。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る