交通事故

自動車事故に関する法律知識

「交通事故」ってなあに??

そもそも
どんな場合が交通事故に含まれて
どんな場合が含まれないのか
という「交通事故」の定義からお話したいと思います。

交通事故の定義を定める根拠法令は、
道路交通法・自動車安全運転センター法・自動車損害賠償保障法などがあります。

一般的に「交通事故」といえば、
道路交通法上の交通事故を指します。

【道路交通法67条第2項】
道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊。
と定義されています。

なので、交通事故とは、道路における自動車、自転車、歩行者などの間に発生した道路交通事故がほとんどです。

また、旅客自動車において、旅客が転倒したり、車内設備と接触したりして負傷する、車内人身事故も交通事故に含まれます。

そのほか、ドアの開閉により道路を通行中の他の人・車両と接触したような場合や接触しなくも、交通事故となります。

また、車両等の運転中に崖崩れなどの外的要因により事故となった場合も交通事故となります。


いっぽう
以下の場合は、道路交通法上の交通事故とはされません。

*道路外での事故
*歩行者の単独事故
*歩行者同士の衝突事故
*車両等の交通(道路上での運転および駐車・停車)に起因しない事故


例えば、
・自動車が自然に爆発炎上した場合
・乗車中の人が車のドアやその窓に身体を挟まれた場合
・駐車場に放置駐車している車両が崖崩れなどの災害にあった場合
などは交通事故に含まれません。


交通事故に含まれるか含まれないかによって
事後の手続きが異なるのでご注意ください。
交通事故サポートサービス一覧へ戻る